妊婦さんには辛い便秘解消方を伝授|お腹スッキリ

メジャー

妊娠中の不快症状を改善

妊婦

医師と相談して使用を

妊娠中は初期から後期にわたり様々な理由で便秘になりやすい状態にあります。妊娠を維持するために必要なプロゲステロンは、腸の蠕動運動を抑制させてしまうために便秘の一つの原因になります。また普段よりも腸の中の水分が他の部分へととられてしまうので、便が硬くなって便秘につながります。他にもストレスや嗜好の変化による食生活の乱れ、子宮が大きくなってくることによる腸の圧迫など多くの理由で便秘に悩まされます。妊娠期間を快適に過ごすためにも、妊婦のひとつの仕事に便秘解消があります。便秘解消のための基本的な生活の仕方は、水分を十分に摂取して食物繊維の多い食事を増やすことです。また体に負担がかからない程度にストレス発散を兼ねて散歩などの運動を行うのもポイントです。妊婦はおなかの中に大事な赤ちゃんを宿しているので、生活を大きく変えることは負担にもつながります。簡単に便秘解消ができる方法の一つに漢方薬があります。漢方薬は副作用がほとんどないため安心して取り入れることが可能。出来る限り普段の生活の中で改善できることを取り入れた上で、それでも便秘解消しない場合には次の方法として漢方薬を取り入れます。桂枝加芍薬湯や当帰建中湯、小建中湯などといった漢方薬を使用することが可能です。この時漢方薬に含まれる大黄という成分は、妊娠中は摂取してはいけない成分なので気をつけましょう。漢方薬はサプリメントとは違い病院で処方してもらうことができます。自分で選んで妊婦の体や赤ちゃんにもしものことがあると良くないので、必ず病院医師と相談をして処方してもらうことが大切です。